ホーム > 連載企画

このページの本文

連載企画

第95回 地球の歴史を感じるモロッコの大地 2017年10月20日

しばらくイギリスのお話が続いたが、今回は今ひとたび、モロッコへと戻りたい。目指すのは以前ご紹介したマラケシュからアトラス山脈を越えた向こう側、サハラへと続く南のエリアである。 (さらに…)

第72回 縄文女子力 2017年10月16日

「最近は縄文シーンに女性の活躍が目立つね」と考古学者の友人が言った。「たしかに」と答えて跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)という言葉が浮かんできた。 (さらに…)

第5回 縄文人のカゴつくり(その1) 2017年9月28日

前回は三内丸山遺跡の縄文ポシェットをめぐる顛末をお話ししました。この「小型編みカゴ」は「ヒノキ科の樹皮(恐らくはヒバ)」で精巧に作られたモノでしたが、縄文時代では樹皮で編んだカゴというのは実は決してポピュラーなものではないのです。 (さらに…)

第71回 アートとしての縄文土器 2017年9月22日

土器は縄文時代を特徴づける道具、その利用の始まりは世界的にみても古い。壊れやすいが、作りやすく量産がきき、熱に強いので、煮炊き、貯蔵、食器など、単純な狩猟採集段階から脱した縄文社会の生活のかたちを決定した。 (さらに…)

第94回 イギリス湖水地方はピーターラビットからの贈り物-その2 2017年9月19日

前回から引き続き、2017年に世界遺産登録となったイギリスの湖水地方とピーターラビットの関わりについて語らせていただきたい。 (さらに…)

本文ここまで