ホーム > 連載企画 > 中村文子

このページの本文

連載企画

だびょん縄文!

第6回 大森勝山遺跡と岩木山 2018年11月26日

10月20日に三内丸山遺跡縄文時遊館で「さんまる縄文学講座」が行われた。 (さらに…)

第5回 「御所野遺跡の縄文編み体験」 2018年10月25日

「くどパン」と地元の人から呼ばれて親しまれている青森県のパン屋さん、工藤パンから、土偶パン『くどパンのどぐパン2』が発売新しいウィンドウが開きますされたという記事を読み、さっそく近くのスーパーへ行った。 (さらに…)

第4回 おおーっ 2160頭のイノシシが! 2018年10月5日

9月15日~17日は「さんまるJOMONの日」。三内丸山遺跡では、縄文時遊館、遺跡、ピクニック広場全部を使用して多くのイベントが日替わりで行われました。 (さらに…)

第3回 ありがとう 国内推薦候補決定 2018年8月23日

7月19日、『北海道・北東北の縄文遺跡群』が今年度の国内推薦候補に決定されました。夢にまで見た、手が届くようでなかなか届かなかった国内推薦、こんなにうれしい事って何年振りだろう。 (さらに…)

第2回 あなたに逢いたくて 2018年7月18日

「最初から決めていました。」突然キザなセリフでごめんなさい。 (さらに…)

第1回 三内丸山遺跡の植物園で 2018年6月20日

去年からボランティアガイド有志で三内丸山遺跡の植物園の草刈りをしている。 (さらに…)

プロフィール

だびょん縄文

執筆者一覧

主婦 三内丸山応援隊ボランティアガイド歴23年
青森県立郷土館協議会委員 じょうもん検定上級合格者

三内丸山遺跡でガイドをして縄文遺跡に魅せられ、
全国各地の遺跡を訪れ、ますます魅せられ、
正真正銘の縄文ファンとなる。

「青森県民は三内丸山遺跡で元気をもらい、今ももらい続けています。
だから100年200年後の人たちに世界遺産という大きいリボンをつけて贈ることが今の私たちの任務だと思い、日々活動しています。」

本文ここまで