ホーム > 連載企画 > 第29回 お月見のジンクス

このページの本文

連載企画

縄文のワケ -菊池 正浩-

第29回 お月見のジンクス 2010年10月19日

9月25日は、恒例のお月見縄文祭の日でした。

台風くずれの低気圧が北上して、天気は雨模様。午後になってもどんよりと曇っていました。この三内丸山遺跡でのお月見は、今年で12回目を迎えます。

この12年間、ひとつのジンクスがありました。

「どんな悪天候でも、必ず月が顔を出す」というものです。

大型住居の前の「縄文の丘」でのお月見コンサートが、やむなく室内で行われたのはたった1回。それも、演奏が終わって外へ出たら、いつしか雨は止んで、素晴らしい月が出ていて、全員、喚声を上げました。

はたして、今年はどうだったのか?みんなの祈りが、天に通じたのでしょう。ちゃんと月が、顔を出してくれました。それも、なかなか、やきもきさせられるものでした。午後6時のお月見コンサートが始まるときには、厚い雲が一面空を覆っていました。その1時間後、ぽっかりと雲の切れ間から、月が顔を出したのです。

この日、参加した歌手の三上寛さんも、「こんなに月の出に、やきもきさせられたことはない」と話しておられました。

演奏が終了する8時ころには、すっかり雲が晴れて、こうこうと月が冴え渡っていました。

わたしたちは、こうして12年間、毎年やきもきしながら、ひたすら祈るように、月の出を待ち続けています。やきもきさせられるだけ、その感動は忘れられません。その気持ちが、この12年間続いた原動力なのかも知れません。

こうして、今年も、遺跡の月から、元気をもらうことが出来ました。

みなさんも一度ぜひ来てみてください。やみつきになりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

菊池 正浩

番組プロデューサー。

NPO法人・三内丸山縄文発信の会会員。 1946年生まれ。青森県弘前市出身。早稲田大学卒業。NHK入局後、美術・歴史番組を担当。 1994年NHK青森放送局で大集落発見直後の三内丸山遺跡を紹介。

その後、東京で NHKスペシャル「街道をゆく」「四大文明」 「日本人はるかな旅」「文明の道」などを担当。

本文ここまで