ホーム > 連載企画 > 第30回 縄文は日本文化の母

このページの本文

連載企画

縄文のワケ -菊池 正浩-

第30回 縄文は日本文化の母 2010年11月18日

毎回、東京縄文塾は、スリリングなお話で盛り上がりますが、

「再発見!三内丸山からのメッセージ」と題した10月29日の回は、またひときわでした。

わたしたちNPO法人縄文発信の会15周年記念と、三内丸山遺跡・特別史跡指定10周年記念として、開かれました。

お一人目の講師は、ミスター三内丸山こと岡田康博さんです。岡田さんは、「縄文は日本文化の母、弥生は日本文化の父」という言葉を紹介されました。これは、日本考古学協会会長の菊池徹夫先生のことばだそうです。なかなか言いえて妙だと思います。会場には、その当の菊池先生も顔を見せておられました。

岡田さんは、パワーポイントを使い、三内丸山遺跡発掘当初の写真を紹介しながら、いかにしんどかったかを切々とお話になりました。「掘っても掘っても、先が見えない、とてつもない遺跡にめぐりあった」というのが、実感だったそうです。のちに、三内丸山遺跡のキャッチフレーズになる「大きい・長い・多い」というのは、この実感から生まれたのだということが、よく分かりました。

二人目の講師は、東京大学教授の辻誠一郎さんです。岡田さんから来た一枚の年賀状。そこには、とてつもない遺跡に取り組んでいることが書かれていました。以来、辻先生は

遺跡と四つに取り組み、縄文時代の自然環境について研究してこられました。

今回は、今まで以上に、刺激的なお話でした。今こそ縄文時代から、日本の歴史を見直してみようというものです。結論から言うと、日本の歴史は、農民だけでなく、わたしたちが考える以上に、多くの山の民、海の民そして川の民がいた。その「里山」「里川」「里海」でなりわいをしている人々の原型は、縄文時代にまでさかのぼるというのです。目からウロコのお話です。辻先生の論が、これから肉付けされ、深まっていくことを期待したいと思います。

そのあかつきには、菊池徹夫先生の言われる「縄文は日本文化の母」という言葉が、しっかりと定着することになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

菊池 正浩

番組プロデューサー。

NPO法人・三内丸山縄文発信の会会員。 1946年生まれ。青森県弘前市出身。早稲田大学卒業。NHK入局後、美術・歴史番組を担当。 1994年NHK青森放送局で大集落発見直後の三内丸山遺跡を紹介。

その後、東京で NHKスペシャル「街道をゆく」「四大文明」 「日本人はるかな旅」「文明の道」などを担当。

本文ここまで