ホーム > 連載企画 > 扇谷一穂

このページの本文

連載企画

JOMO-Tコレクション

扇谷一穂 2011年8月12日

うねうねくねくね。曲がりくねった縄目模様の縄文土器は、何か途方もない考え事をしている大きな脳みたい。もしも縄文土器を被ることが出来たら、考えていること何か教えてくれるかも。そう思ってデザインしました。


扇谷一穂

東京生まれ。幼少より能とバイオリンを習う。聴き手の心の深部に届くような歌声が紡ぎだす音楽。柔らかなタッチとモダニズム感溢れる豊かな色彩で描かれる絵画。二つのスタイルで心に広がる風景を自由に表現している。

本文ここまで