ホーム > 連載企画 > 金理有

このページの本文

連載企画

JOMO-Tコレクション

金理有 2011年10月7日

縄文的精神姿勢とは、生や自我の本質的な虚無性、不可知なものへの畏怖、そういったことを感覚的に受け止めつつも、あくまで前に向かって進む。そういうものではないかと空想し、自身の励みにしています。


金理有
(陶芸家)

1980 日本人の父、韓国人の母のもと大阪府に生まれる
2004 大阪芸術大学 芸術学部工芸学科陶芸コース卒業
2006 大阪芸術大学大学院 芸術制作研究科修士課程修了
同大学院芸術研究科研究員
2007 同大学院非常勤助手
2010 courtesy of neutron(ギャラリーニュートロン所属)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

本文ここまで