ホーム > 連載企画 > 高橋昂也

このページの本文

連載企画

JOMO-Tコレクション

高橋昂也 2011年12月16日


北米の海洋先住民は、様々な動物が溶けるように渾然一体となったような、かっこよすぎる図案を持っています。「縄文的」とは、こういうものも全部包み込むものかもしれないと、勝手に解釈しています。


高橋昂也(映像作家)
※「昂」の字がよく「昴」に間違えられるので、ご注意いただけると幸いです。

1985年愛知県生まれ。2008年、架空の少数民族の習俗を描いたアニメーション作
品『レブン』を発表。そのほか、神話的なモチーフを取り入れた映像制作を中心
に活動。東京藝術大学大学院在学中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

本文ここまで