ホーム > 連載企画 > ババアツシ

このページの本文

連載企画

JOMO-Tコレクション

ババアツシ 2012年2月3日


縄文遺跡から出土した耳飾りをモチーフとし、縄文時代の装飾品から現代のファッションへ「着飾る精神」を結んだ。中心の穴は縄文人と私達に共通する「心臓」に位置しており、「時代が変われど心は変わらず」という意味が込められている。


ババアツシ|画道家

自己の世界観を自分の目で見てみたいという衝動を追いかけながら様々な視覚表現を行ってきた。2000年以降、異文化圏における知恵と文化の相互理解こそが次の文明への一歩だと確信しベルリンへ移住。近年は東洋思想を根底においた前衛的書画を中心に和の心を紹介している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

本文ここまで