このページの本文

連載企画

JOMO-Tコレクション

MAJIO 2012年3月2日


作品名:DOGU10000
縄文文化の強烈で象徴的な造形物”土偶”。その形を現代社会のさまざまな造形物でコラージュ。ストリートに潜む形状のリズムは、古代の文化や文様ともまた共存出来る。次の1万年のための原点回帰。


MAJIO(絵描き)

青森県弘前市出身。ドローイングをベースに、
デザイン、版画、映像作品など、表現活動は
多岐にわたる。特定の手法やジャンルに傾倒
することなく、自身の核から沸き上がる衝動
に忠実に、日夜、活動中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

本文ここまで