ホーム > 連載企画 > 柳生真吾

このページの本文

連載企画

JOMO-Tコレクション

柳生真吾 2012年3月30日


むかしむかし、縄文時代の人々はクリの木を大切にしていたらしい。青森県の三内丸山遺跡のシンボル「6本柱のやぐら」もクリの大木だ。エネルギーと生命力に満ち溢れた縄文に思いをはせる時、僕は荘厳たるクリの巨木を想像するしかすべがないようだ。風雪に耐え苔むしたクリの老木を、真っ白なTシャツに表現してみたい。


柳生真吾(園芸家・八ヶ岳倶楽部代表)

NHK趣味の園芸メインキャスターを8年つとめる。
八ヶ岳大泉高原に家族でつくりあげた雑木林を開放した、レストラン・ギャラリー「八ヶ岳倶楽部」の代表。
他、テレビ・ラジオ・講演・執筆にて緑の魅力を日々伝えている。

田嶋吉信(たじまよしのぶ)
(グラフィックデザイナー)

フリーランスのグラフィックデザイナー/イラストレーター。
ファッション~ビューティ~音楽におけるビジュアル制作を中心にアー
ト・ディレクション、デザイン、そしてイラストレーションの活動をし
ております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

本文ここまで