ホーム > 連載企画 > 安芸早穂子

このページの本文

連載企画

JOMO-Tコレクション

安芸早穂子 2012年6月1日

ワンピースにベルボトム。山形県西ノ前遺跡出土の縄文中期(2500~1500BC)の土偶をスケッチしました。出土品から見えてくる縄文時代の人々は決して原始人ではなく、実はとんでもなくおしゃれでビューティフル!!


安芸早穂子/縄文発信の会
(画家・縄文アーティスト)

学術的歴史復元画(特に縄文時代)の分野で,宗教的儀式や人々の暮らしぶりなどをスピリチュアルに生き生きと復元することで定評。週刊朝日百科「日本の歴史」「世界の歴史」など掲載多数。
京都市立芸術大学日本画科卒。大阪府在住。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

本文ここまで