ホーム > 連載企画 > 第26回 アイルランドの歌 -異界からの眼差し-

このページの本文

連載企画

縄文探検につれてって!-安芸 早穂子-

第26回 アイルランドの歌 -異界からの眼差し- 2010年7月20日

「彼女は今日も来る 俺の墓に 長い黒いベールをつけて・・・誰にも知られずに 泣くために そうだ それを知っているのは俺だけさ」


(Long black veil)

A scene of Irish pubs
田舎のパブでは全員が常連客なので
各人が座る席も決まっている

「魂のぬけた足でほっつき歩く、見知ったアーケード、通いつめた酒場…俺をまだ逝かせないでくれ 俺がこの世に置いてきちまったものは 何なのかって まだ探してるんだ…」

(Don’t let me die still wondering)

朗々と美しく、あるときは底抜けに明るく、くったくのない調子で、墓場をうろつく幽霊の唄が、残した恋人を慕う死者の唄が歌われる。

・・・この国では、パブで演奏される音楽に酔い、歌い、飲んだくれて、千鳥足で帰る家路は、幽霊と肩を組んで歩くのだろうな・・・と思う。

うちの息子が小さかったときには
酒樽の上にのったりしてこうして踊っていました
彼らにはアイルランド人の血も流れているのです・・・

「・・・いいか、言っとくぜ!俺を葬るときは 二度埋めなおせってな!埋められたって俺はやすやすとは眠っちゃいられないんだ! だからこうして今もさすらいながら 探しつづけてるんだよ…おれが この世に置き去りにしちまったものは いったい何だったのか・・・」

(Don’t let me die still wondering)

相容れない隔たりの向こうの世界から、言葉なく発せられる問いかけ。

その「向こうの世界」を垣間見る眼差しを持ちあわせる者だけが それを空耳に聞く。

この世と同じに いらだち、哀れみ、いとおしむ存在が、思いを、胸のたけをうちあける。

誰にも聞こえない声で。

それを聴いた人々は 誰に語るともなく 歌にして風にかえす。

夜がふけると、
すみっこで静かに飲んでいた楽師たちが
やおら演奏を始めるのです

あの世に行ってからも 後悔したり、自嘲したり、愛したものを案じたり、親友に腹をたてたりしながら、こちらの世界に向けられている幽霊の眼差しは 精霊のそれと同じだ。

からりと明るく、あるときはしみじみと魂を打つ旋律、美しくも悲しい詩。

太鼓とフィドルの音色にあわせて奏でられるイーリアンパイプやティンホイッスルが それらを風にして原野に返す。

草原のなかの一軒屋のパブで 今宵も音楽が始まる。

気取らない普段着の人間が二つの世界を行き来する 真に迫る物語が はじまる。

Last night she came to me,

My dead love came in

So softly she came

That her feet made no din

As she laid her hand on me

And this she did say

It will not be long, love,

‘Till our wedding day

昨日の晩 彼女がきたんだ

僕の死んでしまった恋人が

あんまり静かに入ってきたので

足音も何もしなかった

そして彼女は僕の上に手をおいて

こう言ったんだ

ああ、私の愛しい人

もうすぐ私たちの婚礼ね・・・と

安芸 早穂子 HomepageGallery 精霊の縄文トリップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

安芸 早穂子

大阪府在住 画家、イラストレーター

歴史上(特に縄文時代)の人々の暮らしぶりや祭り、風景などを研究者のイメージにそって絵にする仕事を手がける。また遺跡や博物館で、親子で楽しく体験してもらうためのワークショップや展覧会を開催。こども工作絵画クラブ主宰。
縄文まほろば博展示画、浅間縄文ミュージアム壁画、大阪府立弥生博物館展示画等。

週刊朝日百科日本の歴史「縄文人の家族生活」他、同世界の歴史シリーズ、歴博/毎日新聞社「銅鐸の美」、三省堂考古学事典など。自費出版に「森のスーレイ」、「海の星座」
京都市立芸術大学日本画科卒業
ホームページ 精霊の縄文トリップ www.tkazu.com/saho/

バックナンバー

本文ここまで