ホーム > 連載企画 > 第53回 縄文服でおでかけ

このページの本文

連載企画

あそこのおかあさん縄文人だから -山田スイッチ-

第53回 縄文服でおでかけ 2013年1月29日

小学校や中学校に講演に呼ばれると、
縄文人の服を着て槍を持って出かける山田スイッチです。

縄文服は、着ていく服を選ぶ手間が省けて良いということを
現代の女性達はあまり知らずにいるのでしょうが、
縄文服ほど便利なアイテムはないと思っています。

先日、小牧野ストーンサークルで行った縄文イベントの帰りに
弘前駅前の打ち上げ会場に向かう途中、
着替える時間のなかった私と作家の田口ランディさんが
縄文服を着たまま駅前に槍を持って立っているのを見て
後ろから高校生が笑って見ていました。

高校生じゃなくても笑うと思うのですが。(笑)
服だけで笑いを取れるなんて、
なかなか素敵なことだと思います。
元お笑い芸人志望であった私は、どうしても笑いを取りたくなる性分なのですね。

以前、講演に行った先の小学校でいつも持ってあるく
縄文の槍を忘れてきてしまい、「困った困った」と言っていたら
そこの校長先生が、「サスマタならありますけど!」と言ってくれて、
何故か縄文服の右手に、犯人取り押さえ用の「サスマタ」を持って
講演をしたことがあります……。
あの時は、子供達にもいつもの倍以上「謎」を感じさせてしまったようで、
講演後に校長室にみんなが押しかけて、
たくさん面白顔やピース、一発芸をしてくれたのを覚えています。

小学校の講演に行くと、とりあえず私は
「今日は、生ゴミが土に還るというお話と、地獄が本当はないという
お話をしたいと思うのですが、皆さんどちらがいいですか?」
という風に子供達に質問します。
すると、100%の割合で子供達が
「じ……地獄! 地獄! 地獄!」
と答えるんですね。
地獄が本当はないというお話は、そんなに子供達の興味をそそる
ものなのでしょうか。

「それじゃあ、今日は地獄が本当はないというお話をします。
地獄のこと知っている人ーーーー!?」
こう質問すると、「ハイ、ハイ、ハーイ!」とたくさんの手が上がって、
小学生がたくさん情報を提供してくれます。

「閻魔大王がいる」とか、
「血の池地獄がある」とか、
「その深さは50メートルある」とか、
「悪い人がいく」とか、
「鬼がいる」とか、「鬼は何人?」と聞いたら
「3人」
「3人じゃちょっと少なくないかな~」と言うと、
「閻魔大王も3人」と言われ、
それはちょっと多いかもしれないと思ったり。

2000年代に入っても子供達の中にはちゃんとした
地獄像というものがあるのですね。

さて、当たり前のお話ですが
縄文時代に地獄というものはなかったのです。
仏教伝来は593年の飛鳥時代ですから、
それより前の日本には地獄というより、仏教そのものがなかったのですね。

しかし、我々は意外なほど「地獄があって当たり前」の思想を
心秘かに持って生きています。自分でも気付かないほど自然に。

「3歳児神話」というものをご存知でしょうか?
母親が、子どもが3歳になるまでは保育園などに預けずに
手ずから育てた方が良いと言われるもので、
長い間母親達の間で信じられていましたが、その「長い間」というのは、
戦後のほんの数十年のお話なんですね。

それじゃあ、それより昔はどうだったのかな? というと、
青森県では赤ちゃんを3歳になるまで
「えんちこ」という藁性のベビーラックに突っ込んで、
「えんちこ布団」でぎゅうぎゅうにして出られないようにし、
家事や農作業の邪魔にならないように、ミルクやおしめの時間以外は
放っておいたんですね。
なんとまあ、お手軽な育児方法だったのでしょう。

昔のことを知ることによって、かえって現代の私たちが妄信していることから
離れることができるというのは、不思議なことです。
小学校での講演では小学生のみんなと、
「昔はどうしていたのかな?」
「縄文時代はどうしていたのかな?」
というなぞについて考えます。

単純なようでいて、実は深い導きがあるのです。

イラスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

山田スイッチ

1976年7月31日生まれ。

しし座のB型。青森県在住コラムニスト。 さまざまな職を経て、コラムニストに。 著書に「しあわせスイッチ」「ブラジルスイッチ」(ぴあ出版刊)、「しあわせ道場」(光文社刊)がある。

趣味は「床を雑巾で拭いて汚れを人に見せて、誉めてもらうこと」。

バックナンバー

本文ここまで