ホーム > 連載企画 > 第76回 遺跡地図を知っていますか(1)

このページの本文

連載企画

縄文遊々学-岡田 康博-

第76回 遺跡地図を知っていますか(1) 2014年1月17日

遺跡は過去の人々の生活や活動の痕跡が土地に残されたもので、我が国の歴史と文化の成り立ちを考える上で欠かすことができないことから、国民共有の財産とされています。(続きは青森県庁ホームページ内「連載企画『縄文遊々学』」にて)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

岡田 康博

1957年弘前市生まれ
青森県教育庁文化財保護課長  
少年時代から、考古学者の叔父や歴史を教えていた教員の父親の影響を強く受け、考古学ファンとなる。

1981年弘前大学卒業後、青森県教育庁埋蔵文化財調査センターに入る。県内の遺跡調査の後、1992年から三内丸山遺跡の発掘調査責任者となり、 1995年1月新設された県教育庁文化課(現文化財保護課)三内丸山遺跡対策室に異動、特別史跡三内丸山遺跡の調査、研究、整備、活用を手がける。

2002年4月より、文化庁記念物課文化財調査官となり、2006年4月、県教育庁文化財保護課三内丸山遺跡対策室長(現三内丸山遺跡保存活用推進室)として県に復帰、2009年4月より現職。

バックナンバー

本文ここまで