ホーム > 連載企画 > 第67回 彼氏か世界遺産か?

このページの本文

連載企画

あそこのおかあさん縄文人だから -山田スイッチ-

第67回 彼氏か世界遺産か? 2014年3月31日
上野公園で佇むドグ子 23歳OL

上野公園で佇むドグ子 23歳OL

ドグ子です!
ドグ子はこの間、黒石の鳴海醸造で開かれた岡田康博さんと山田スイッチさんの
縄文夜話で前説をやったの!
前説のできるゆるキャラってそんなに多くないと思うのNE☆
今年はドグ子、前説でグングン青森の縄文を広めちゃうから☆
みんなよろしくNE!

さてさて~☆
岡田康博さんといえば青森県のミスター縄文と呼ばれている
縄文のことなら何でも知ってるミスターなんだけど、
この間聞いてびっくりしたことがいっぱいあったの!

やっぱり発掘された骨から縄文人のことって
色々わかるんだけど、縄文人の平均寿命が30歳前後だって言うから
ドグ子はてっきり、赤ちゃんが無事に生まれてくる率が低くて
平均寿命が下がっていると思っていたのね。
だけど岡田さんに話を聞いたら、乳幼児を除く平均寿命で、
純粋に骨から見て30歳前後で死んだ人が多かったんだって!
縄文人で言ったらドグ子、もうおばあちゃんDAYONE~!

日本の現在の平均寿命はもう、オーバー80なわけじゃない?
だけど世界の平均寿命マップを見ると、
アフリカなんかは未だにアンダー40やアンダー50の国が多いのね。

日本でも織田信長の時代で「人間五十年」だったんだから、
寿命って昔に比べると、2倍近く伸びてるんだよね。
縄文時代に比べるともう、2~3倍長生きDAYONE!
寿命が長くなったから40歳で結婚しない女子とか男子も増えているんだと思うの。
多分、寿命に合わせて50歳くらいになったら結婚するんじゃないかな?

縄文時代にも同性愛者はいたのかしら……? ってドグ子気になっていたんだけど、
同性愛者はどうかわからないけど、骨から見ると性病はなかったらしいの!
最も代表的な性病の「梅毒」は、コロンブスが世界一周をして
ヨーロッパに持ち込んだっていう説が一番有力らしいよ~!
ウィキペディアによると!
縄文時代~15世紀末までは、日本は性病のない豊かな国だったんだNE!

青森の縄文は世界遺産になるのかな? っていうお話も、
岡田さんのお話を聞いたらそんなに遠くないうちになる予感がしてきたの!
ユネスコの世界遺産って、毎年1件ずつは登録されているんだって!
たまに横入りで和食が世界遺産登録されたりするらしいんだけど、
基本は暫定リストに載ったらいずれは登録されるらしいの。

北海道と北東北三県の縄文遺跡群っていったらもう
世界遺産の暫定リストに登録されているんDAYONE☆
だったらもう、載るよね。載っちゃうYONE~!
世界遺産になるいいところは、
よくわからないけど外国人が観光に来るところDAYO☆

世界遺産になったら外国の「地球の歩き方」みたいな本に
「ここが世界遺産」っていう風に載るわけだから
「ジョーモン、よくわからないケド、イッテミヨウ……」っていう
外人の人がいっぱい来るんだよ~!
そうしたら、八戸のせんべい汁とか青森ののっけ丼とか
黒石のつゆ焼きそばとかついでに売れちゃうYONE☆

あとは、願いを叶えるには思いついたことをどんどんやることだと
ドグ子は思うの。
この間ドグ子、スイッチさんに「どうやったら彼氏ができるんですか?」って
聞いたの。そうしたら、
「時給650円で彼氏になってくれる人を雇えばいい」って
言われたのね!

スイッチ
「いやもう、彼氏のいない寂しい生活だけはもう二度と送りたくない!って
いうことを明確に表現して、どれくらい彼氏が欲しいかっていうのを周りの人に
わかりやすく伝えればいいんだよ! それで、できるだけ具体的に
自分の彼氏欲しさを表現するかは重要でしょう?
そうしたらもう、時給払います! って、言うべきだよ~!」

……あな恐ろしや。

ちなみに、この方法でスイッチさんは大学時代に彼氏を見つけ、
時給も払わないで結婚まで漕ぎ着けたそうなんDESU!
思いつきだけで結婚して、子どもまで産んで、本を出して、奈良美智さんに本の表紙を
描いてもらったり、アラーキーに写真を撮ってもらったり、その写真集の表紙になったり、竪穴式住居を建てたり、ストーンサークルを建てたり……。
あの人の思い込みの激しさ、パないよね!

そんなわけでドグ子は、今年は縄文遺跡群の世界遺産登録と
夢の彼氏実現に向けてバンバン打って出ようと思うの。
素敵な土偶の人に出会えますように……!

イラスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

山田スイッチ

1976年7月31日生まれ。

しし座のB型。青森県在住コラムニスト。 さまざまな職を経て、コラムニストに。 著書に「しあわせスイッチ」「ブラジルスイッチ」(ぴあ出版刊)、「しあわせ道場」(光文社刊)がある。

趣味は「床を雑巾で拭いて汚れを人に見せて、誉めてもらうこと」。

バックナンバー

本文ここまで