ホーム > 連載企画 > 第7回 発掘現場と大湊海自カレーを満喫ドグ!

このページの本文

連載企画

ドグ子がゆく!

第7回 発掘現場と大湊海自カレーを満喫ドグ! 2017年11月21日

ドグドグ~!
遺跡の発掘現場に、突撃ドグ~!

青森県には縄文遺跡が約3,400箇所もあるんだドグけど、
遺跡を調査するタイミングは、大体が道路や建物を造ろうとする時なんだドグって!
今回は、むつ市の縄文遺跡、内田(2)遺跡の取材に行ってきましたドグ~!

ふおお~! ドグ子も発掘、手伝うドグ~!

ここは国道279号むつ南バイパス道路の整備のための調査が行われていて、
調査後は道路になるドグ。今しか見られない遺跡ドグ☆
現場ではなんと、50人もの作業員の皆さんがコツコツと発掘作業をしていて
元々の地面の高さから50センチ以上も掘り下げられていたドグ~!
子どもの身長がすっぽり隠れるぐらい掘られている場所もたくさん!
「すっごい掘ってるドグ~!」
と、ドグ子のテンションも上がるドグ~!

三人「わ~! ドグ子だ~!」と、
まるで女子高生のように騒いでくれる奥さん方。
「ふおお~!
ドグ子の顔を下から覗いちゃダメドグ~!
中の人なんて、いないドグ~~~!!」
案外、いたずらっ子ドグね……!

内田(2)遺跡からは縄文人が鹿などを捕まえていたという
落とし穴の跡が見つかっているドグ☆
調査でどうやって見つけるかというと、落とし穴の跡は、
縄文時代より前の時代の土がすっぽり掘られていて、
そこに縄文時代の土が埋まっているのを見つけるんだドグって。
竪穴住居の柱跡も、そんな風に見つけるのだそう。
すごいドグ~!

 

現場に隣接する事務所では現地見学会の準備の真っ最中で
説明パネルや遺物を見ることができたドグ。
まるでコーヒーカップみたいに使い勝手のよさそうな土器や
旧石器時代の見事な石器も出土していて、間近で見られて感激ドグ!
遺物のほかにも、落とし穴や貯蔵穴などの遺構の種類で
その遺跡の役割や周辺のムラとの関係などが見えてくるそう。
ここ、内田(2)遺跡では落とし穴が多く見つかっていて、
縄文時代の狩り場跡と考えられるんだって!
遺跡って奥が深いドグ~!!

 

発掘作業はパートの方が行っているドグ。
現場で働いてる奥さんに発掘の魅力を聞いてみたら、
「移植ベラで遺物を探している時が、何が出てくるかなって、一番楽しい」と
ニッコリ微笑んでくれましたドグ~! 素敵☆

お昼はむつ市のご当地グルメ、「大湊海自カレー」を食べたドグ~!
市内10店舗・10種類もある海自カレー。
今回は内田(2)遺跡から車で3分ぐらいのところにある『むつドライブイン』で実食ドグ。

カレー

熱々のとろーりコロッケ付きで
野菜のおいしさがギューッと詰まった、すごいカレーでしたドグ~!

発掘もカレーも最高の一日でしたドグ~!

★ドグ子のお出かけポイント★
青森県埋蔵文化財発掘調査報告会
(日にち:平成29年12月9日(土)予定 場所:青森県総合社会教育センター)
今年度県内各地で行われた発掘調査の成果報告や遺物の展示が行われるドグ☆
詳しくは青森県埋蔵文化財調査センター(新しいウィンドウが開きます)のホームページをチェック!
内田(2)遺跡の現地見学会の模様も掲載されているドグよ☆

ドグ子☆

イラスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

本文ここまで