ホーム > 縄文ムービー > そこに光があった!

このページの本文

縄文ムービー

縄文ムービー

そこに光があった! 2010年3月12日


「縄文×JOMONISM ART展」 in 原宿表参道 にて公開した
縄文と現代を光のロープがつなぐショートムービー。

いつの 時代もコミュニケーションの中心に光がある。
調理のための炎、家族との団欒、灯台、照明、祭りや祈り、
そし て、太陽と月。
私たちの喜びや悲しみはいつも光と共にあった。
私たちの祖先、縄文人は仮面型の土偶も作っていた。
土偶の目を通して縄文人は、何を見ていたのだろう。

作者名:
多摩美術大学 石井咲子 北村恵理 安田陽子 三澤美玲

 

本文ここまで