ホーム > 縄文トピックス > 縄文時代の食~その食材と試食の体験ツアー~(活動報告)

このページの本文

縄文トピックス

ここから縄文トピックスの本文です

縄文時代の食~その食材と試食の体験ツアー~(活動報告) 2009年11月17日

平成21年10月11日(日)に縄文時代の食をテーマとした遺跡見学会や講演会、縄文食の試食会が東北町を中心にまちづくりと環境保全に取り組んでいるNPO法人アルキメデス主催で開催され、約40名が参加しました。
画像:活動の様子

参加者は東北町の「みどりの大地とロマンの森公園」内にあるかやぶき家屋「まなか」に集合し、バスに乗り込み一路七戸町文化交流センター内にある「歴史民俗資料館」に向かいます。

統廃合により廃校となった学校校舎を活用したこのセンターでは縄文時代から近現代まで時代別に展示されています。

センターに入り七戸町役場の担当者から縄文時代の貝塚や時代別の土器の変遷などについて説明があり、参加者は土器や牡蠣などの貝殻を実際に手に取って興味深く聞いています。

続いて、国指定史跡「七戸城跡」や明治・大正・昭和の民具など、近現代まで時代を追って学びました。生活用具や農具の場所では役場の担当者からの名前あてクイズに参加者は「蚊帳」や「えんちこ」など次々に正解し大きな笑いが起こります。見事に全問正解でした。皆さん懐かしそうに昭和30、40年代の生活用具に触れています。

次に「二ツ森貝塚」を見学します。ここは今から4,000年~6,000年前の縄文時代の前期から中期の青森県内最大の貝塚で、現在は保存のため埋め立てられ、広大な草地に復元された竪穴式住居が2棟建っています。参加者は先ほど見た資料館の貝塚を思い出しながらあたりを散策します。場所によっては今でも貝殻が散乱している部分があり直接触れることができます。

昼食会場のかやぶき家屋「まなか」に戻り、お楽しみの縄文時代の食の試食会です。

料理はホタテやカキ、ハマグリなど魚介類を焼いたもののほか、シジミの潮汁、クジラの刺身、シカの焼いた肉、郷土料理などが振る舞われ、参加者は興味深そうに味わいながら食べていました。縄文料理は味付けのほとんどが塩味のため、醤油や味噌に慣れ親しんだ現在人には新鮮な味です。

午後は、弘前大学名誉教授の村越潔先生をお招きし、縄文時代の遺跡から出土する遺物から見る「縄文時代の食」をテーマに講演がありました。

村越先生は、二ツ森貝塚など県内の遺跡の発掘調査時の写真をスライドで紹介しながら、当時の発掘によせる思いを苦労話などを織り交ぜながらお話しいただきました。

縄文を見て、学び、考え、味わいと五感全部を刺激され、参加者は皆さん大満足の様子でした。

バックナンバー

月別アーカイブ

本文ここまで